違いは何?『リフォーム』と『リノベーション』

navbar

電話受付時間(土日祝除く)AM8:30~PM17:30

0120-078-210
RE・住む・コレクション・素敵な施工事例集プレゼント!無料
  1. トップ >
  2. リフォームマガジン >
  3. 違いは何?『リフォーム』と『リノベーション』

違いは何?『リフォーム』と『リノベーション』

違いは何?『リフォーム』と『リノベーション』

そろそろうちもリフォーム計画を始めよう…という時に、ふと疑問に思うのが『リフォーム』と『リノベーション』の違いではないでしょうか?似たような言葉だけど、明確な違いがあるの?費用や内容は違うの?我が家はどちらに取り掛かったらいいの?といった疑問がたくさん浮かんできますよね。明確な違いがわかれば、そこまで迷うこともないのに…という人も多いはずです。

そこで今回は、『リフォーム』と『リノベーション』の違いや、どちらかで迷った時の選び方をまとめてご紹介します。今後のリフォーム計画の参考にして頂けると幸いです。

コラムのポイント

・リフォームとは、古くなり老朽化した建物を新築の状態に戻すことをいいます。リノベーションとは、建物に大規模な工事を加えることで、建物の性能をより向上させたりより価値を高めたりすることをいいます。
・リフォームかリノベーションで迷ったら、工事内容の優先順位を決める、家族との思い出をどうするか、かかる費用、耐震性能で決めると良いでしょう。
・リフォームもリノベーションも、いずれも家を綺麗に快適に蘇らせる手段です。家族が求める暮らしや予算に合わせて最適な方法を選択し、心地よい暮らしを実現しましょう。

table of contents

  • ◼リフォームとは
  • ◼リノベーションとは
  • ◼リフォームとリノベーションの違い
    • ・工事価格の違い
    • ・工事規模の違い 
    • ・物件の資産価値
  • ◼リフォームかリノベーションで迷ったら…
    • ・優先順位を決める
    • ・家族との思い出 
    • ・かかる費用
    • ・耐震性の向上
  • ◼リフォームーリ実例をご紹介
  • ◼リフォームで理想の暮らしを実現!

◼リフォームとは

リフォームとは

リフォームとは、古くなり老朽化した建物を、新築の状態に戻すことをいいます。悪い状態からの改良という意味もあるので、基本的にマイナスの状態にあるものをゼロの状態に戻すこと、機能回復をすることを指します。
劣化が目立っていた外壁塗装をし直す、古くなったお風呂を最新設備のものに変更する、などがこれに当たります。長年住み続けた家を綺麗な状態に一新するときに選ばれています。



◼リノベーションとは

リノベーションとは

リノベーションとは、建物に大規模な工事を加えることで、建物の性能をより向上させたり、より価値を高めたりすることをいいます。刷新、革新という意味があるので、マイナスをゼロの状態に戻すのではなく、ゼロの状態を2にも3にもすること、新たな機能や価値を向上させることを指します。
家族が増えたため壁や間仕切りを取り除くこと、子どもたちが巣立ったため3LDKを1LDKに変更すること、などがこれに当たります。ライフスタイルの変化や好みの変化などで、家を造り変えたいときに選ばれています。



◼リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違い

工事価格の違い

リフォームもリノベーションも、住宅の面積や工事内容、設置する設備の価格によってトータルコストは異なるため、一概には言えません。しかし、大方30坪1000〜2000万円前後を想定しておくと良いでしょう。

リフォームの場合、家が古ければ古いほど必要な補強工事や耐震工事が増えるため、費用が高額になります。 リノベーションの場合、ひと部屋の壁や間仕切りを撤去するといった工事であれば、そこまで費用はかかりません。しかし、撤去する中に家を支える柱が含まれていたり構造上難しかったりする場合、想定以上の費用がかかります。



工事規模の違い

どの程度の工事をするかにもよりますが、リノベーションの方が大掛かりになるかもしれません。内容によっては2ヶ月〜半年かかる場合もあります。
トイレのリフォームやお風呂のリフォームといった、室内の一部分のリフォームであれば工事そのものは2日ほどで終わるものもあります。



物件の資産価値

リフォームやリノベーションは、予算や施工範囲、使用する期間を考えて内容を選ぶことができます。そうすることで、ある程度価値を下げないようにすることもできます。
家の場合、自分たちだけが住んで終わり、とは限りません。子や孫の世代まで引き継いでいくことを考えると、将来的に貸したり売ったりしやすい資産の状態をキープしておくのも理想的です。





◼リフォームかリノベーションで迷ったら…

リフォームかリノベーションで迷ったら…

迷ってしまう…というときには、今の家の状態に合わせて、リフォームかリノベーションかを選ぶと良いでしょう。



優先順位を決める

古くなった設備を綺麗なものにしたい、壁紙を全面張り替えたい、という場合はリフォームが最適です。もし、さらに間取りも変更するなど大掛かりなものをするのであれば、リノベーションという選択になります。実現したいことは同じなのであれば、プラスαの価値で選ぶと良いでしょう。
今の暮らしに何を求めているのか、今一番必要なのは何なのか、を考えていくと、必然的にどちらかを選ぶことができるようになります。



家族との思い出

壁紙や床には、家族との歴史が詰まっています。大切にし続けたいという方も多いのではないでしょうか。リノベーションをする場合、間取りも内装も全てガラッと変えてしまうため、家族との思い出が消えてしまう可能性があります。 家族との思い出は残しつつ綺麗にしたいのであれば、必要な部分だけリフォームをするのがお勧めです。



かかる費用

予算があれば、予算に合わせて決めるのが一番です。大掛かりなリノベーションは、高額になる可能性が高いため、思っていた以上に費用がかかってしまうこともあります。



耐震性の向上

1981年の5月以前に建てられた家は、耐震基準に沿って家が建てられていなかったり、大きな地震が起きた時に耐えられなかったりする可能性があります。耐震性を向上するのであれば、マイナスの状態をゼロにするためにリフォームが必要です。



◼リフォーム実例をご紹介



家カフェ!~非日常をプラスした空間~


After

家カフェ!~非日常をプラスした空間~

Before

家カフェ!~非日常をプラスした空間~

●お客様:A様邸
●住所:東京都足立区
●建物種類:マンション
●リフォーム箇所:フルリフォーム
●費用:980万円

築26年を経過しており、間取りの悪さや段差で使いづらかった…と家主様。使い勝手+デザインにもこだわったプランニングしてほしい、とのご要望でした。
採光が十分に確保できるようLDKをひとつの空間にし、さらに曲線壁を取り入れ空間に柔らかさを持たせることで居心地の良さを重視。カフェ風なインテリアにもこだわり、アンティーク風の扉、ブリックタイルを用いカフェにいるような気分になれ、非日常も感じられるような内装にしました。

家に居ながら非日常を感じられる”家カフェ”へのリフォームに大変満足していただけました。

▽この事例をもっと詳しく見てみる▽
https://resum.jp/case/all/detail/007



まるで新築みたい!明るく使いやすく、生まれ変わった家


After

まるで新築みたい!明るく使いやすく、生まれ変わった家

Before

まるで新築みたい!明るく使いやすく、生まれ変わった家

●お客様:W様邸
●住所:埼玉県所沢市
●建物種類:戸建て
●リフォーム箇所:フルリフォーム
●費用:887万円

リビングの床がフカフカしており、階段が急で上り下りがつらかったため、マンションへの住み替えも視野に入れていらっしゃった家主様。
リフォームすることで、水回りはぐっと使いやすく、リビングはとても明るくなりました。階段も勾配がゆるくなったことで、以前のようなつらさは無くなったそうです。プランナーさんに相談してよかったです、と喜びのお言葉を頂く仕上がりになりました。

▽この事例をもっと詳しく見てみる▽
https://resum.jp/case/all/detail/003



◼リフォームで理想の暮らしを実現!

リフォームで理想の暮らしを実現!

リフォームもリノベーションも、いずれも家を綺麗に快適に蘇らせる手段です。家族が求める暮らしや、予算に合わせて最適な方法を選択し、心地よい暮らしを実現しましょう。

今後、リフォームやリノベーションを考えているという方は、現在のお住まいに関するご不満なところ、改善したいところなど、どんな小さなことでもリズムにお聞かせください。間取り変更を伴うような内容でも、ご予算やライフスタイル・動線に合わせて2~3プランご提案しますので、その中からお選びいただくことができます。

お気軽にお問い合わせください。





top

電話受付時間(土日祝除く)AM8:30~PM17:30

0120-078-210
RE・住む・コレクション・素敵な施工事例集プレゼント!無料