和室リフォームの基礎知識。考慮すべき2つのポイントから費用相場まで

navbar

電話受付時間(土日祝除く)AM8:30~PM17:30

03-5849-7369
RE・住む・コレクション・素敵な施工事例集プレゼント!無料
  1. トップ >
  2. リフォームマガジン >
  3. 和室リフォームの基礎知識。考慮すべき2つのポイントから費用相場まで

和室リフォームの基礎知識。考慮すべき2つのポイントから費用相場まで

近年、新築の建物には和室がある家はとても少なくなりました。日本人のライフスタイルの変化を背景に、和室よりも洋室の方が利便性が高くなってきたのが理由です。

そのため、すでに和室がある家に住んでいる方の、和室から洋室へのリフォームの希望が増えています。

和室から洋室にすることのメリットを始め、考慮すべきポイントや費用相場について、和室リフォームの基礎知識をご案内します。

■和室から洋室へリフォームするメリット

和室は、そもそも日本の四季などに合わせて考えられた施工方法です。

風通しが良く、湿気が多い日本に適した造りになっていて、たとえば土壁は乾燥によって水分を放出したり、湿度が多すぎるときには反対にその水分を吸収したりと、適度な湿度に保てるような特徴があります。

しかし、近年では暖房器具や乾燥機、加湿器など便利な家電が豊富にあるため、和室でなくとも快適な住環境を保つことは難しくありません。

そして、和室特有の畳や障子などは、天然の素材を使っているからこそ痛みやすかったり、カビやすかったりという難点があります。

和室から洋室へリフォームすることで、部屋のお手入れが格段に楽になります。また、フローリングは畳に比べて強度が高いため、最近の定番である大型の家具が配置しやすいのも洋室の強みです。

年齢が進んだときに、和室の方が居心地良いと感じる方もいますが、足腰に負担がかかりやすくなるので、実は体にとっては布団で寝るよりもベッドを使用するほうが理想的です。

このように、和室と比較したときの洋室のメリットは、模様替えがしやすい、新しい家具を入れやすい、掃除や手入れが簡単、強度が高い、などの点にあります。

■考慮すべき2つのポイント

和室から洋室へのリフォームの際に、もっとも大きなリフォームのポイントは壁紙と床面です。

この2点の選び方によって、部屋の印象が大きく変わるため、壁紙とフローリング選びのポイントをしっかり押さえておきましょう。

・壁紙

家やオフィスで使用する壁紙のことをクロスと呼びますが、ひとくちにクロスといっても様々な材質があります。中でも、主に一般的な家庭で使用されるクロスは3つの種類に分類することが可能です。

クロスの中でももっとも人気が高いのがビニールクロスです。塩化ビニール樹脂を主な素材としていて、耐久性が高く、手入れがしやすいのが特徴です。

カラーバリエーションがあり、エンボス加工のタイプなど、デザインが豊富なので好みに合わせて部屋をデザインすることができます。それでいてほかの素材に比べて比較的安価なものが多いのも人気の秘訣です。

木材ではなく、たとえば和紙のような素材を使用しているのが紙クロスです。柔らかな質感が特徴で、和紙だけでなく輸入の紙クロスなどは子供部屋をポップな欧風に彩るのにも最適です。

ただし、汚れが落ちにくかったり、水滴がついてしまうとシミになりやすかったりとデメリットがあり、お手入れの点では少し不便です。

ポリエステルやレーヨン、絹や麻などの織物に紙を貼ったものが織物クロスです。

織物に似たプリントが施されているビニールクロスはたくさんありますが、どうしても織物そのものの質感や高級感は織物クロスには勝てません。しかし、やはり紙クロス同様に、汚れには強くありません。

また、クロスはデザインだけでなく機能性もしっかり考えて選びたいところです。たとえばクロスにはスーパー耐久性といって、特に耐久性が強い素材があります。

小さい子供がいたり、ペットを飼っていたり、人の出入りが多いオフィスや店舗などで重宝されています。

そのほかにも、消臭効果のあるクロスや、防カビ効果があるクロスはキッチンや脱衣所、トイレなどで使用するのにとても便利です。

現在では、リラックス効果があるといわれているマイナスイオンを発生させるクロスや、防火機能があり安全性が考慮されているクロスもあります。

・フローリング

和室というのは壁や畳が音を吸収する素材であることから、実は洋室に比べて防音性が高いという特徴があります。

フローリングは音が響きやすいのですが、特にマンションなどの集合住宅では下のフロアに住む人への配慮として、防音規定が定められているので注意が必要です。

たとえばフローリング材によってはこの防音性能が基準を満たせないものがあるため、下地材によって防音性や遮音性を補強しなければなりません。

フローリングには合板フローリングと単板フローリングがあります。合板フローリングは数枚の板を貼り合わせたもので、強度が高くなり、防音性に優れています。

単板フローリングは天然の1枚の板を加工して作られたもので、断熱性が高く、木材本来の調湿効果が期待でき、アレルギーなどの心配が少ないのが特徴です。

ただし、単板フローリングのほうが合板フローリングより高価なものが多く、別途遮断材が必要になることが多いのもデメリットといえそうです。

■和室から洋室へのリフォーム費用

和室から洋室へのリフォーム費用は、その規模によって大きく異なります。たとえば、和室のリフォームタイプで人気なもののひとつに、和モダンというスタイルがあります。

柱や壁紙などの和室の風合いを残したまま、スタイリッシュな洋室に変更するという手法です。部屋のデザインによっては床面だけをフローリングに変えるだけでも、和モダンな部屋が完成します。

床面だけを畳からフローリングへ変更したい場合には約10万円から20万円程度でできることが多いです。

クロスも含めて変更するとなると約30万円程度になります。

洋室へのリフォームの際に間仕切りを増やしたり、収納スペースの配置を変更したり、と大がかりなリフォームになると約100万円程度になることも珍しくありません。

リフォームの際には、必ず複数のリフォーム業者を比較して、これまでの和室から洋室へのリフォーム例の写真などを見せてもらってください。

見積もりを用意してもらい、工事期間や工事費用などもきちんと比較して、信頼できるリフォーム会社に依頼しましょう。

top

電話受付時間(土日祝除く)AM8:30~PM17:30

03-5849-7369
RE・住む・コレクション・素敵な施工事例集プレゼント!無料