キッチンリフォーム|蛇口選びのポイント

navbar

電話受付時間(土日祝除く)AM8:30~PM17:30

03-5849-7369
資料請求
  1. トップ >
  2. リフォームマガジン >
  3. キッチンリフォーム|蛇口選びのポイント

キッチンリフォーム|蛇口選びのポイント

キッチンをリフォームをする時、どんなデザインのキッチンにしようか、コンロや壁の色をどうするか悩みどころですよね。

この他に水道の蛇口もリフォームすることもあると思います。

リフォームするなら、これまでよりもさらに使い勝手のいい蛇口にしたいですよね。

キッチンのリフォームで、蛇口をどのように選択すればよいかを見ていきましょう。

蛇口の種類

キッチンのリフォームをするにあたって、蛇口はどのように選べばよいのでしょうか?

まずは蛇口の種類をみていきましょう。

近頃すっかりスタンダードになったのが「シングルレバー」と呼ばれる、レバーの上げ下げで水を調整するタイプの蛇口です。

このタイプの水栓は左右で温度調整をします。

かつては水とお湯が別々になっている「ツーハンドル」で、両方の栓の開き具合で温度調整しなくてはならなかったのに対し、これはレバーひとつで調節ができます。

また、以前はレバーを下げることで水量を調整していましたが、阪神大震災で上から荷物が落ちてきた際に水が出っぱなしになってしまった教訓から、昨今のものはレバーを上げて水量を調整するタイプに変わっています。

蛇口をひねらなくてもセンサーで感知して、水を出す「タッチレス」の蛇口もありますので、洗剤で手が汚れていても、水栓を汚さないで済みます。

その他に温度調整のひねりのついた「サーモスタット」、ボタンを押すと一定の量だけ水を出して自動で止まる「オートストップ」などがありますが、これらの蛇口はどちらかというとキッチンよりも洗面所やお風呂場で使われる場面が多いです。

キッチンをリフォームするときには、これらのことも考えて蛇口を選択しましょう。

蛇口を選ぶ際のポイント

蛇口を選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

例えば、毎日の生活で水道水の臭いが気になるという人ならば、浄水器の内蔵されている蛇口を選ぶといいでしょう。

料理やお茶に美味しい水を使いたい、赤ちゃんにあげるミルクにはキレイなお湯を使いたいという人にも適しています。

洗い物をしている際の水はねが気になるという人には、水の出方がシャワーとストレートで切り替えられる蛇口がおすすめです。

軟らかい水流のシャワーなら、水がはねにくく、キッチンをびしょびしょにせずに済みます。

この他、蛇口がホースとして引き出せるタイプのものは、シンク周りを掃除する時に便利です。

キッチンのリフォームでは蛇口選びも重要になってきますので、どのような機能をあなたが求めているか、それを整理して、どんなリフォームをすればいいかを決めましょう。

依頼する前に確認すべきところ

キッチンのレイアウトをそのままにしてリフォームするのであれば、依頼前に自宅の水道の構造を確認しておきましょう。

蛇口には台つきのものと、壁つきのものがあります。

蛇口がシンク脇に立っているものが台つき、キッチンの壁にくっついているものが壁つきです。

また、水とお湯の配管が同じになっているワンホール型のものと、別々になっているツーホール型のものがあります。

今の蛇口の形とキッチン下の配管がどうなっているか、確認して、きちんと業者には伝えましょう。

水道管を付け替えたり、ダイニングとの仕切り壁の位置を変えたりと、キッチン全体の大掛かりなリフォームの場合は、様々な面での費用についても考慮しておきましょう。

その際、見積もりを取ることを忘れずにしましょう。

まとめ

日頃、なにげなくいろんなところで目にしている水道の蛇口ですが、こうして見てみると、種類は多彩ではありますが、どれも日常的に馴染みのあるものばかりです。

デザインが洗練されていて目を引くものや、多機能なのものも多くあって、もしリフォームをする際に蛇口を変えるなら、我が家にも……と考えてしまいます。

キッチンの蛇口は、毎日洗い物や調理に使うものなので、リフォームをするなら間違いがなくこれにしてよかったと思えるものにしたいですね。

top

電話受付時間(土日祝除く)AM8:30~PM17:30

03-5849-7369
資料請求