寒い浴室をリフォームしたい!

navbar

電話受付時間(土日祝除く)AM8:30~PM17:30

03-5849-7369
資料請求
  1. トップ >
  2. リフォームマガジン >
  3. 寒い浴室をリフォームしたい!

寒い浴室をリフォームしたい!

日常生活の中で浴室の存在は大きいものです。一日中働いた体を癒してくれたり、寝る前のリラックスタイムを過ごす時に最適な場所です。特に日本人は浴槽にゆっくりと浸かって疲れを癒す習慣がありますので、割と長い時間を浴室で過ごす方も多いのではないでしょうか。しかし、そんなリラックス空間である浴室が時には居心地の悪い空間へと感じてしまうことも多々あります。冬場などの寒い時期は特に感じる方も多いのではないでしょうか。そんな浴室を快適な空間にするためのリフォームについて紹介していきます。

浴室が寒い原因

浴室はなぜ寒いのでしょうか。原因はいくつか考えられます。

まずは浴室に付いている窓です。大きな窓を付けて庭や外の景色を楽しみながら入浴したいという方は多いと思いますが、窓から入ってくる冷気によって浴室全体が冷えてしまうことがよくあります。

もうひとつは床や壁に使われているタイル材が原因していることもあります。浴室に使われている材質も年々進化しているので、水はけの良いものや保温効果のあるものなどが最近では増えてきていますが、少し古い材質を使っていたり、普通のタイルを使っている場合は、ほとんど保温や防寒の効果がありません。浴室に一歩足を踏み入れた途端にヒヤッとするのはそのためです。床や壁が冷たいということは、浴室全体が冷えているということになります。お金を掛けなくても寒さを防ぐ方法について、次で紹介したいと思います。

自分で出来る対策はある?

実は寒い浴室には危険が潜んでいます。お年寄りの方に多いのですが、気温差の激しさから体調を崩してしまうヒートショック状態というものがあります。急な温度差で血圧が変化し、ひどい場合は脳卒中や心筋梗塞を起こす原因になります。特に浴室は、服を脱いだ時点で温度差が発生していますから、出来るだけ部屋の温度と浴室の温度を均等にしておく必要があるのです。

まずはこまめに浴室の窓を拭いて結露を除去すること、隙間風などが入らないように固定するなどの対策が必要になります。また、床に関しても断熱効果のある専用マットなどがあるので、そちらを敷くことでかなりの防寒対策になります。入浴する前に全体的にシャワーで熱湯をかけておくこともおすすめです。

冬の時期は特に寒さを感じますので、脱衣所と浴室を予めストーブなどの暖房機器で温めておく、というのもひとつの方法です。

リフォームして快適に!

しかし、いくら自分で防寒対策を続けても、タイルなどの材質が古いままであれば根本的な解決にはなりません。毎回結露を拭くことも手間が掛かりますし、断熱マットも便利ではあるもののカビが生えやすいという報告もあります。特に、お年寄りだけのご家庭であれば、毎日の防寒対策は肉体的にも負担が大きいでしょう。

そこでおすすめなのが浴室のリフォームです。今は保温性に優れたユニットバスが人気です。床や壁、天井にも防寒対策が施されており、水はけも良いのでカビも発生しづらいというメリットがあります。ユニットバスであれば寒さ対策のマットなどを敷く必要もありませんし、掃除も比較的しやすくなるでしょう。ユニットバスに交換するだけでは寒さ対策が不安だ、という方は、さらに別途暖房機器を脱衣所や浴室内に付けるオプションを選択することもできます。温まった浴室から出た瞬間はヒートショックを起こしやすいため、脱衣所に暖房機器を付ければより安心感が増すでしょう。

もし、窓の結露がひどいという状態であれば、窓を二重サッシにする方法もあります。サッシを二重にすることで結露は発生しなくなりますし、保温性も高まります。

まとめ

リフォームと一言で言っても、その方法は多数あります。浴室全体をまるごとユニットバスへ交換するにはそれなりの費用が掛かりますし、まだ機能的に使える部分があるのに全て直してしまうには勿体ないという方も多いでしょう。とりあえず暖房機器だけを設置するという方法もありますし、給湯器のみを交換するという方法もあります。今はリフォーム会社が増えてきているので、様々な要望に合わせた工事をしてくれるはずです。人は歳を取るほど生活環境も変わってきます。若いころは普通に出来たことが出来なくなったり、段差や高い場所が危険なものへと変わることもあります。生活環境を整える上でリフォームは欠かせない存在です。今の浴室の状態と予算に合わせながら無理のないリフォームをすることが大切です。

top

電話受付時間(土日祝除く)AM8:30~PM17:30

03-5849-7369
資料請求